つらい冬の生理痛。痛みの物質の正体とヘッドスパ

生理

 

寒さが身に染みる冬のこの時期。

そんな季節の生理痛は、
よりいっそう痛みが増す気がしませんか?

 

生理痛には、ある物質が関係しています。

 

今回は、

そんな痛みの物質のお話と、
生理痛対策、

そして、
ヘッドスパの効果

についてお話します。

 

こんにちは。

JR甲子園口駅・駅前徒歩15秒

西宮市のヘッドマッサージ専門店『TigerSpa』です。

 

生理痛が起こる仕組み

 

生理痛は、
プロスタグランディンという
痛みの物質が関係しています。

 

このプロスタグランディンが
過剰に分泌されることによって

子宮がいつもより過剰に収縮し、
重い生理痛が起こります。

 

プロスタグランディンは
子宮内膜から分泌されます。

 

子宮内膜の状態は
生理中に分泌される
エストロゲンやプロゲステロン
というホルモンによって
毎月変わります。

 

また、

エストロゲンや
プロゲステロンなどの
ホルモンの分泌は
常に一定というわけではありません。

 

ですから、

子宮内膜の厚さも、

その月によって変わります。

 

プロスタグランディンは
子宮内膜から分泌されるので、

 

子宮内膜の厚さなど、
その月の状態によって

プロスタグランディンの分泌量が変わり、

痛みもその月によって変わってくるのです。

 

また、

骨盤内の血流の滞りが、
プロスタグランディンを
子宮内に停滞させてしまい、
生理痛を引き起こすということもあります。

 

生理

体を冷やす、
立ちっぱなしの仕事を長時間続ける

などは、

血流を悪くさせ、
体に負担をかけます。

 

そうすると、
強い痛み感じてしまう
こともあります。

 

精神的なストレスも
痛みを強く感じる原因になります。

 

プロスタグランディンの分泌は、
自律神経の乱れも関係しています。

 

副交感神経が優位なると血流がよくなりますが、
交感神経が優位になると血流が悪くなり、

体の細胞が酸素不足になります。

 

その結果、
プロスタグランディンが作られる
という仕組みがあります。

 

生理痛を和らげる4つの対策

 

生理痛の原因の1つは
プロスタグランディンの過剰分泌です。

 

プロスタグランディンの分泌を
抑えることにフォーカスしてみましょう!

 

対策1:プロスタグランディンの分泌を抑える食べ物

 

鎮痛剤は
プロスタグランディンの分泌を
抑える効果があります。

 

ですが、
なるべく薬に頼りたくない
という方もいらっしゃると思います。

 

日常生活でプロスタグランディンの
分泌を抑えるには、
あるものを食べるといいそうです。

 

それは、青魚です。

 

青魚に含まれる
EPAの摂取は、
プロスタグランディンの分泌を
抑える効果があります。

EPA

EPA
さけ、いわし、さば、あじなどに
多く含まれています。

 

食事からの摂取が良いですが、

魚が苦手

という方は


サプリメントなどから、
摂取してみましょう。

 

対策2:血行を良くする

 

先ほどもお伝えしましたように、
骨盤内の血流の滞りが
プロスタグランディンを
子宮内に停滞させてしまい、
生理痛を引き起こすということもあります。

 

ですからまずは、
血行促進を意識してみましょう。

 

①運動

筋肉を動かす機会が少ないと
血行が悪くなります。

いきなりハードな運動をするのではなく、
3日坊主にならないために、
ストレッチをしたり、
通勤時に一駅分歩いたりと、
軽い運動から始めてみましょう。

ウォーキングなどがおすすめです。

日常生活で、
少し多く動いてみることも
意識してみてください。

 

②入浴

入浴

湯船に浸かることで
血行が良くなったり、

リンパの流れが良くなり、

老廃物が排出しやすくなります。

シャワーだけで済まさずに
ぬるめのお湯にゆっくり浸かることで
自律神経を整える効果も期待できます。

 

対策3:体を冷やさない

 

冷えは血行不良を招きます。

これからの季節は
寒さ対策が大切です。

 

体の中で「首」とつく部分は、
血管が集まる場所であり、


 

血管が肌の近くにあるため
外気温の影響を受けやすい部分なので、

冬は温めておきたい部分です。

 

体温が奪われないように、

靴下やネックウォーマーなどで、
首や、手首、足首を冷やさないような対策

をしてみましょう。

 

起床後は体温が奪われやすくなっています。

 

起きてすぐに
「首」のつく部分を
温められるよう、

寝る前に枕元に靴下など
を用意してみましょう。

 

日頃から
冷えない工夫や
冷えない体づくりをしましょう。

 

 対策4:自律神経を整える

 

プロスタグランディンの分泌は、
自律神経の乱れが関係しています。

 

ですから、

生理痛を和らげるためには、
自律神経を整えることが大切なのです。

 

自律神経を整えるために
おすすめなのがヘッドスパです。

ヘッドマッサージ

頭皮には自律神経を整えるツボ
がたくさんあります。

 

頭皮をマッサージをすることで
頭部の血流をよくし

自律神経を調整している
視床下部を活性化させてくれます。

 

 

TigerSpaでは、

ミネラルの力で身体の中から温めていく
「塩浴ヘッドセラピー」
を行っています。

 

塩浴ヘッドセラピーは、

肌・地肌の細胞にミネラルを届けることによって、
自律神経の働きを整えていきます。

 

21種類のミネラル含有種類世界一で
ギネスにも認定されている

 

沖縄県うるま市にある
「ぬちまーす」さんから、

特別に、
ヘッドマッサージ・エステ専用に
TigerSpaだけに製造販売いただいている

100%海水でできた美容塩を使っています。

 

 

このミネラルたっぷりのお塩を、
身体にも頭皮にもたっぷりと塗り込みながら、
マッサージをしていくことで、

 

施術開始すぐに、
ポカポカと身体が温まってくることを
感じられると思います。

 

つらい冬の生理痛。

少しでも症状を和らげるためにも、

EPAの摂取

血行促進
冷え対策

を意識してみてください。

 

TigerSpaのヘッドマッサージも
是非お試しになってみてくださいね。

関連記事

  1. 年末年始

    年末年始の不調を解消!自律神経の乱れとヘッドスパ

  2. 春のイライラやだるさ、疲れやすさを改善しよう!自律神経が乱れ…

  3. 低気圧と高気圧で違う頭痛の種類と対処法!頭皮のケアでできる対…

  4. 頭痛

    頑固な肩こりや頭痛対策はヘッドマッサージに限る!不調を和らげ…

  5. 目の不調!それはVDT症候群かも?VDT症候群の症状・原因・…

  6. 気温差にご注意を!寒暖差疲労による体の不調の原因や対策

LINE@はじめました!

お友達追加で、全メニュー10%OFF!

 

LINE@だけのお得なクーポンや
キャンペーンを配信中です。

友だち追加

ご予約

 

▼ご予約はこちら▼

 

▼24時間ネット予約はこちら▼

 

▼ホットペッパービューティー予約はこちら▼

tigerspahotpepperbeauty

取材一覧

仕事を楽しむためのWEBマガジン
『B-Plus』経営者インタビュー
 
当サロンオーナーが紹介されました!
(インタビュアー:八木裕さん)
 
>>>取材記事詳細はこちら
 

TigerSpaインタビュー
TigerSpaインタビュー