冷え性で朝起きるのが辛いあなたへ。冷えの原因と頭皮ケアで冷えとり対策

冷え

朝何度も目覚まし時計を止めてしまう。

早く起きたいのに
寒くて起き上がれずに二度寝をしてしまう。

 

冷え性でお悩みの方は
辛く感じてしまう起床時。

 

今回は

冷えの原因を知って、
今すぐにできる対策

をお話しします。

 

こんにちは。

JR甲子園口駅・駅前徒歩15秒

西宮市のヘッドマッサージ専門店『TigerSpa』です。

冷え性の原因

 

冷え

冷え性の原因はいくつかありますが、

体温を調節する仕組みが
うまく働いていないことが原因です。

 

人間は、

寒い
と感じると

脳が、
体温調節をするように
体に指令を出します。

 

 

そうすると

毛細血管を縮めて、
皮膚表面への血流を減らして
体外へ熱を逃さないようにしたり、

筋肉を動かして、
熱を作らせたりして、

体温を調節しています。

 

 

 

では、
どうして体温調節の仕組みが
うまく働かなくなってしまうのでしょうか?

 

 

原因1:筋肉が少ない

 

ウォーキング

体の熱を作り出すのは、筋肉です!

運動習慣がなく、
筋肉量が少ないと、
熱を作り出せません。

 

 

原因2:血行不良

 

血行が悪いと、
温かい血液が
手の先や足の先など
末端まで届かなくなってしまいます。

 

 

原因3:自律神経の乱れ

 

自律神経は気温の変化に応じて

汗をかいたり、
血管を収縮させたりして、

体温調節をしています。

 

自律神経が乱れてしまうと
この体温調節機能が
うまく働かなくなってしまうのです。

 

 

自律神経が
乱れてしまう原因は様々です。

仕事や人間関係の悩みなども
ストレスを招き
自律神経を乱します。

 

 

まず、
自律神経が乱れると、
交感神経が優位になります。

 

交感神経が優位になると、

血管が収縮し、
血行が悪くなってしまいます。

 

そして、
血行不良が
冷えを招いてしまうのです。

 

自律神経の乱れには、
生活習慣を整えることが大切です。

 

 

ストレスを感じないということは
難しいと思いますが、

ストレスに負けないように、
生活習慣を見直しましょう。

 

 

どうして冷え性の人は朝起きられないの?

 

起きれない

冷え性の方が朝起きられない理由の一つに

睡眠の質

があります。

 

 

人間は、

眠りにつく時に
体温を下げることで
深い睡眠に入ります。

 

しかし、

冷え性の方は、
すでに体が冷えているために、
体の熱をうまく放出できずに、

睡眠の質が低下し、
寝起きの悪さにつながってしまうのです。

 

 

また、

冬は日照時間が短いために、

覚醒を促進する働きを持つ
セロトニンの分泌量が
減ってしまうことにより、

スッキリと起きられなくなってしまうのです。

 

すぐにできる冷えとり対策

 

冷え性で朝起きられない方は、

「寝る前に体温を上昇させておく」

ことが重要です。

 

 

40度前後のぬるめのお湯で入浴をして、

お風呂上がりは、
体を冷やさないように靴下を履いたり、

ネックウォーマーなどで、
首や足首を冷やさないような対策

をしましょう。

 

レッグウォーマー

 

眠る前に体を温めておくことで、
眠りにつく時に体温が下がり、
深い睡眠に入りやすくなるのです。

 

 

体の中で「首」とつく部分は、
血管が集まる場所であり、
血管が肌の近くにあるため

 

外気温の影響を受けやすい部分なので、
冬は温めておきたい部分なのです。

 

 

眠る前に、
靴下やネックウォーマーを用意して、

体温が奪われないように、

起床後に
「首」のつく部分を
冷やさないような工夫

をしましょう。

 

 

 

その他には、

代謝を上げる
体温を上げる
自律神経を整える

といった対策が有効です。

 

対策1:運動

ウォーキングやスクワットなど
身体を小まめに動かすと、
筋肉の代謝が上がり体温が上昇します。

特に最も体温の低い朝に、
積極的に身体を動かしましょう。

ウォーキングなどの
有酸素運動もおすすめです。

 

 

対策2:食事

身体を温める食材は生姜が定番ですが、

発酵食品や根菜類などは
身体を温めるといわれており、

玄米、みそ汁、納豆、焼き魚、
野菜の煮物などの和食がお勧めです。

 

 

対策3:入浴

40℃前後のお湯で湯船に肩まで
10分程度つかれば、
体温が1℃ほど上がります。

ゆっくりと湯船に浸かることで、
自律神経のバランスを
整えることもできます。

 

そして、
自律神経を整えることで、
代謝も良くなるのです。

 

 

対策5:頭皮マッサージ

 

冷え性を改善するには、
自律神経を整えることが大切です。

 

自律神経を整えるために
おすすめなのが
頭皮マッサージです。

 

頭皮には自律神経を整えるツボ
がたくさんあります。

 

 

頭皮マッサージをすることで

頭部の血流をよくし
自律神経を調整している
視床下部を活性化させてくれます。

 

 

 

Tiger Spaは、

ミネラルの持つチカラに注目し、
独自のヘッドマッサージをつくりあげました。

ヘッドスパ

自律神経に働きかけるチカラ
現代人に特に不足していると言われるミネラル。

疲れがとれない原因は、

「自律神経のバランス」

かもしれません。

 

・交感神経(昼の神経)
仕事をしているとき、スポーツをしているときなど
興奮しているときに優位になる神経

・副交感神経(夜の神経)
眠っているときやお腹がいっぱいになったときなど
リラックスしているときに優位になる神経

 

この2つの神経が
バランスを保てなくなると
様々な不調をもたらします。

 

自律神経のバランスが乱れる原因には、
ストレスや生活習慣の乱れ
が考えられます。

 

塩浴ヘッドマッサージは、

肌・地肌の細胞にミネラルを届けることによって、
自律神経の働きを整えていきます。

 

お客様からは、

【身体全体もポカポカし、心地いい!】

という嬉しいお声もいただいております。

 

冷え性でお悩みの方
是非一度、

当店のヘッドマッサージを
試されてみてくださいね。

関連記事

  1. 女性に多い「梅雨だる」!梅雨の不調の原因や対策は?

  2. 洗っても頭皮が臭う!その原因とニオイ対策

  3. 飲み物は何を飲むのがいいの?水分不足が引き起こす症状

  4. おでこのシワ

    おでこのシワが気になる40代。その原因と頭皮ケアでできるシワ…

  5. 免疫

    不規則な生活で免疫力が落ちる!頭のコリと免疫力の関係

  6. 休日の寝溜めは逆効果?休日を快適に過ごす生活リズム

LINE@はじめました!

お友達追加で、全メニュー10%OFF!

 

LINE@だけのお得なクーポンや
キャンペーンを配信中です。

友だち追加

ご予約

 

▼ご予約はこちら▼

 

▼24時間ネット予約はこちら▼

 

▼ホットペッパービューティー予約はこちら▼

tigerspahotpepperbeauty

取材一覧

仕事を楽しむためのWEBマガジン
『B-Plus』経営者インタビュー
 
当サロンオーナーが紹介されました!
(インタビュアー:八木裕さん)
 
>>>取材記事詳細はこちら
 

TigerSpaインタビュー
TigerSpaインタビュー