寝落ちしたい時。深部体温をコントロールしてぐっすり眠る方法

睡眠

ついつい考え事ばかりしてしまって眠れない

今日こそは!と思っても眠れない

寝落ちしたい!

 

そんな「睡眠」にお悩みを抱えているあなたへ。

 

今回は、

深部体温をコントロールして
熟睡するための方法についてお話しします。

 

こんにちは。

JR甲子園口駅・駅前徒歩15秒

西宮市のヘッドマッサージ専門店『TigerSpa』です。

 

深部体温って何?

 

深部体温は

「身体の内部の温度」です。

 

睡眠と体温は深く関係しており、

深部体温が下がると
脳と身体は休息モードに入ります。

 

深部温度を下げて眠気を起こすには、

「熱放散」

が重要です。

熱放散が起こることにより、
深部体温が下がるのです。

 

小さな子供が眠くなると
手足が熱くなるのは、

手足から熱放散をしているからです。

 

より早く深部体温が下がれば

入眠しやすくなり、
また眠りも深くなりやすいと言われています。

深い睡眠の時ほど、体温は大きく低下します。

 

寝つきが悪い方は、

寝る前に深部体温を”ちょっと上げる”
ことが快眠のポイントです!

 

この、ちょっとあげることで
深部体温が下がりやすくなるのです。

 

寝る前に深部体温を下げるには

 

1)ぬるめのお風呂にゆっくり浸かる

 

入浴

お風呂は寝る約1〜2時間前に
38度〜40度のぬるま湯
約15分ほどつかるのがおすすめです。

 

末梢血管が拡張し、
手足の表面からの熱放散が増え、
体の内部の温度が低下しやすくなるためです。

 

42度以上のお風呂
交感神経が優位になってしまい
深部体温が
下がりにくくなってしまいますので
避けましょう。

 

2)食事

体を温める作用のある
しょうがや唐辛子を食べることも
おすすめです。

ただし、寝る直前は深部体温が
下がりにくくなってしまうので
避けましょう。

 

3)運動

 

運動をすることによって
「深部体温」が上がります。

深部体温が下がりにくくなってしまうので
寝る3時間前までの運動が効果的です。

激しい運動は、筋肉痛などにより
眠りの妨げになりやすいため
睡眠でお困りの方は
注意が必要です。

 

 

睡眠でお困りの方には、

ヘッドスパもおすすめです。

 

 

TigerSpaでは、
ミネラルの力で身体の中から温めていく

「塩浴ヘッドセラピー」

を行っています。

 

TigerSpaの「塩浴ヘッドセラピー」では、

21種類のミネラル含有種類世界一で
ギネスにも認定されている
沖縄県うるま市にある

「ぬちまーす」さん

から、特別に、
ヘッドマッサージ・エステ専用に
TigerSpaだけに製造販売いただいている

100%海水でできた美容塩を使っています。

このミネラルたっぷりのお塩を、
身体にも頭皮にもたっぷりと塗り込みながら、
マッサージをしていくことで、

 

施術開始すぐに、
ポカポカと身体が温まってくることを
感じられると思います。

 

ぐっすり眠るためには、
まず体を温めることが
重要です。

 

お仕事帰りなど、
気軽にTigerSpaにご来店くださいね。

関連記事

  1. 気温差にご注意を!寒暖差疲労による体の不調の原因や対策

  2. 育児

    子育て中のママの抜け毛はストレスが原因?ストレスが頭皮に与え…

  3. 朝が苦手でも大丈夫!夜型でもできる早起きする為のコツ

  4. 脳疲労

    デスクワークに集中できない!脳の疲れをスッキリさせる方法

  5. 20代でも白髪になる?若白髪の原因と今からでも遅くない対処法…

  6. 台風が来ると眠気やだるさが起こる訳!天気痛の原因と対策

LINE@はじめました!

お友達追加で、全メニュー10%OFF!

 

LINE@だけのお得なクーポンや
キャンペーンを配信中です。

友だち追加

ご予約

 

▼ご予約はこちら▼

 

▼24時間ネット予約はこちら▼

 

▼ホットペッパービューティー予約はこちら▼

tigerspahotpepperbeauty

取材一覧

仕事を楽しむためのWEBマガジン
『B-Plus』経営者インタビュー
 
当サロンオーナーが紹介されました!
(インタビュアー:八木裕さん)
 
>>>取材記事詳細はこちら
 

TigerSpaインタビュー
TigerSpaインタビュー