夏は眼精疲労になりやすい!?夏に気をつけたい眼精疲労の原因・症状・頭皮ケア

夏

夏は「目の夏バテ」

という言葉があるくらい
目にダメージを受けやすい季節です。

 

今回は、

夏に気をつけたい眼精疲労の原因・症状
そして眼精疲労にアプローチする
「頭皮ケア」

についてお話しします。

 

こんにちは。

JR甲子園口駅・駅前徒歩15秒

西宮市のヘッドマッサージ専門店『TigerSpa』です。

 

眼精疲労の症状ってどんなもの?

夏

眼精疲労

「目に起こる症状」
「全身に起こる症状」

があります。

 

「目の症状」としては、

* 目が重い
* 目が痛い
* 眩しく感じる
* 目がが乾く
* 充血する
* 目が痙攣する
* まばたきが増える

などの症状が出ますが、

 

「全身症状」としては、

* だるい
* 肩こり
* 首こり
* 頭痛
* 吐き気
* めまい

などの症状が

何日も継続的に繰り返されます。

 

無気力感やイライラなど

精神症状に現れることもありますので、
気づいたら早めの対策が肝心です。

 

そして
夏は目にダメージを受けやすいので
眼精疲労に気をつけたい季節なのです。

 

夏の眼精疲労の原因

目

夏に目のダメージを受ける
原因となるものは、

「紫外線」
「エアコン」

この2つです!

 

①紫外線による目のダメージ

紫外線

紫外線は肌に日焼けを起こす
だけではなく、

目の表面にある角膜や
目の奥の網膜に
炎症を引き起こしてしまいます。

 

目は

外部にさらされている
唯一の臓器で、

太陽光や紫外線の影響を
直接受けやすい部分なのです。

 

また、
強い紫外線が目から入ると
交感神経が優位になり、


自律神経が乱れてしまいます。

 

自律神経には、

交感神経と副交感神経があります。

 

交感神経は仕事をしているとき、

スポーツをしているときなど
興奮しているときに優位になる神経です。

また、

副交感神経は、

眠っているときや

お腹がいっぱいになったときなど

リラックスしているときに
優位になる神経です。

 

目のピントを合わせることには、
この
自律神経が大きく関わっています。

 

本来、
遠くを見るときには

交感神経が優位になります。

逆に、
近くのものを見るときには

副交感神経が優位になる

という仕組みがあるのです。

 

ですから

自律神経が乱れることによって
ピントが合わせづらくなり
眼精疲労を引き起こしてしまうのです。

 

②エアコンによる目のダメージ

冷房

パソコンやデジタル機器の
使用だけではなく、

エアコンの使用も
眼精疲労の原因です。

 

エアコンの風が目に当たることで
目が乾燥してしまいます。

 

目が乾燥し
ドライアイになってしまうことで
眼精疲労に繋がってしまうのです。

 

 

このように、
夏は目にとって
ダメージの多い季節なのです。

ですから、
夏に目の不調を
訴えるかたはとても多いのです。

 

アジア人は、
欧米人と比べると1.66倍も
目から紫外線を浴びやすい
という研究結果もあります。

日本人は欧米人に比べて顔の彫りが浅く、
様々な角度から光が侵入しやすいのです。

 

最近の研究では、

紫外線によって
角膜に充血や炎症などの
ダメージが起こると、

それがストレスとなって
肌が日焼けする可能性もある
と言われています。

 

 

白内障加齢黄斑変性
紫外線が原因と考えられている
目の病気です。

 

これらの病気は
視力低下につながってしまうので

目に紫外線を浴びることには
注意が必要です。

 

紫外線の影響は蓄積される

といわれているため、

夏は目を守る対策が
必須なのです。

 

夏の目の紫外線対策

夏の紫外線対策といえば
サングラスですが、

UVカット入りサングラスではなく、
UVカット入りメガネがおすすめです。

紫外線は目に見えない光で、
まぶしさとは関係がありません。

 

サングラスの色付きレンズは
視界が暗くなるため
必要以上に瞳孔が開いてしまい、

紫外線に対して逆に無防備になってしまう
可能性がありますので、
注意が必要なのです。

 

「ドライアイ対策」は、

エアコンや扇風機の風が
直接当たらないように
体の向きを変えてみましょう。

 

 

ドライアイや眼精疲労には
蒸しタオルで温めることが効果的です。

蒸しタオル

心地よいと感じるくらいの温度に温めた
タオルを目の上に10分から15分置きます。

温めることによって
血流がよくなり、

目の周りの筋肉の凝りがほぐれ、
眼精疲労解消に効果的なのです。

 

「温めるのがNGな場合」もあります。
目の充血があったり、

目が痛いという場合は、


目が炎症を起こしていることが原因のため

温めずに、


保冷剤などをタオルで巻いたもので

冷やしましょう。

 

眼精疲労は疲れ目と違って

自然には治りません。

放っておくと不快な症状はいつまでも続いて、

さらなる不調を招いていてしまいます。

 

ですから、

夏はしっかりと
眼精疲労対策をすることが
おすすめです!

 

眼精疲労対策には

ヘッドマッサージも有効です。

 

TigerSpaヘッドマッサージでは、

目元や頭をホットタオルでじっくり温め
目の疲れに効果的と言われるツボを押しながら、
頭全体のマッサージを行っていきます。

また、
脳浴ヘッドセラピーで使用するジェル
「塗るイオン®」ソティルは、
筋肉や皮膚を瞬間でゆるめる働きをしてくれるため
さらに緊張状態をほぐしてくれるのです。

そして、
もちろん最後のお仕上げとして
お顔のツボも押していきます。

 

夏は目の不調が起こりやすい季節です。

放っておいて症状がひどくなる前に
ぜひ、一度ヘッドマッサージを
試してみてくださいね。

関連記事

  1. 髪がパサつく原因は何?髪にツヤを出す美髪対策

  2. 口角が下がったら頭皮のコリをほぐそう!頭皮の筋肉と口角の関係…

  3. 寒い

    冬にほうれい線が気になったら頭皮をほぐしましょう!ほうれい線…

  4. 頭痛

    頑固な肩こりや頭痛対策はヘッドマッサージに限る!不調を和らげ…

  5. 春の雨

    春の雨で頭痛や肩こりがひどくなる?春を快適に過ごす対策や頭皮…

  6. 辛い首コリには頭皮をほぐしましょう!首こりの原因と対策

LINE@はじめました!

お友達追加で、全メニュー10%OFF!

 

LINE@だけのお得なクーポンや
キャンペーンを配信中です。

友だち追加

ご予約

 

▼ご予約はこちら▼

 

▼24時間ネット予約はこちら▼

 

▼ホットペッパービューティー予約はこちら▼

tigerspahotpepperbeauty

Instagram

取材一覧

仕事を楽しむためのWEBマガジン
『B-Plus』経営者インタビュー
 
当サロンオーナーが紹介されました!
(インタビュアー:八木裕さん)
 
>>>取材記事詳細はこちら
 

TigerSpaインタビュー
TigerSpaインタビュー