雨の日不調は炎症物質のせい!?頭皮マッサージで雨の日不調ケア

「梅雨になると関節が痛い」
「古傷が痛む」
「頭痛がひどい」

こんな症状で困っていませんか?

 

今回は

雨の日不調に関係しているある炎症物質と
頭皮マッサージでの雨の日不調ケア

ついてお話します。

 

こんにちは。
JR甲子園口駅・駅前徒歩15秒
西宮市のヘッドマッサージ専門店『TigerSpa』です。

 

雨が続くとどうして体が痛むの?

梅雨は悪天候が続くことにより
体調が悪くなる方も多いと思います。

どうして悪天候で
不調がおきてしまうのでしょうか?

実は、

悪天候時の低気圧の時に多く分泌される
不調に関わる「ある物質」があるんです!

 

その物質は
「ヒスタミン」です!

 

ヒスタミンは
炎症を引き起こす物質
といわれています。

 

このヒスタミンの分泌によって、

元々炎症の起きている部位や

凝っている部位が

余計にひどくなってしまったり、
頭痛が起きてしまうのです。

 

つまり、
雨の日に頭痛や、

古傷の痛みは、


この
ヒスタミンの仕業
でもあるのです。

 

ヒスタミンは
痒みを引き起こす物質でもあるため、

ヒスタミンが分泌されることで、
アレルギー症状もひどくなる
可能性があります。

 

ヒスタミンが増えると
血圧が下がり
だるさや自律神経の乱れを
招く原因にもなるんです。

そうすることで、
気持ちが落ち込み
憂鬱な気分に
なってしまうこともあります。

 

また、

ヒスタミンは
交換神経を刺激する働きもあり、

それによって
自律神経が乱れやすくなってしまうのです。

 

自律神経が乱れることで、
体にはさまざまな不調が現れます。

 

自律神経のバランスが崩れると
休んでいても交感神経が優位になり

より痛みを感じやすくなってしまうのです。

 

自律神経は、
血流をコントロールしています。

交感神経が優位になることで
血流が抑えられ、

冷えや肩こりなど様々な不調も
招いてしまいます。

 

これらの
「天気の影響を受けて起こる症状」は

気象病と呼ばれており、

この気象病には
自律神経が関係しているのです。

 

自律神経には
交感神経副交感神経の2つがあって、

2つのバランスで
身体のさまざまな臓器の機能を
調節しています。

 

また、

気圧の変化を感じるのが、

内耳にある気圧センサーです。

 

自律神経のバランスが崩れると
内耳にある気圧センサーの機能が混乱し、
痛みや不調を招きやすくなってしまうのです。

 

雨続きにはヒスタミン対策

春の雨

悪天候が続くと、
ヒスタミンが過剰に
分泌されてしまう可能性があります。

 

ですから、

悪天候続きの際には、
ヒスタミン対策をしておきましょう。

おすすめなのは、
有酸素運動やストレッチなどの運動です!

 

筋肉を適度に使い、

血行を良くすることで、

疲労物質になっているヒスタミンを

筋肉から押し出してくれるのです。

ただし、
炎症症状が起きている方は


運動で炎症部位に負担がかからないように

注意しましょう。

気象病は自律神経の乱れと
ヒスタミンが原因と言われていますので、

症状を悪化させないために、

ヒスタミン対策をしつつ、
自律神経も整えていくこと

が大切なのです。

 

自律神経の安定のためには
有酸素運動やストレッチを行い、
質のよい睡眠をとることを意識しましょう。

 

自律神経を整えるために

自律神経

自律神経を整えるためには

生活習慣を見直すことが大切です。

日常生活の中で
自律神経を整える方法は
いくつかあります。

1.朝日を浴びる

朝起きたらまずカーテンを開けて

朝日を10分程度浴びましょう。

朝日を浴びることで

自律神経が整いやすくなります。


規則正しい生活をするなど、


体内時計を整えること

も意識してみてください。

2.ぬるめの湯で入浴する

入浴

睡眠の質を高めるためにも

入浴をしましょう。

夜の入浴は、
38~40℃程度の
熱すぎず心地よく感じる温度が、
副交感神経を優位にしてくれます。

 

ぬるめの湯で入浴することにより、
末梢血管が拡張し、
手足の表面からの熱放散が増えます。

それにより、
体の内部の温度が低下しやすくなり、
眠気が起こるのです。

 

寝る2時間前に入浴をすることが、
入眠しやすくなるポイントです。

 

3.運動をする

血流を促して
体温を高めにキープすることが
自律神経の安定に大切なこと。

天気の悪い日は
運動がしにくいかもしれませんが、

家の中でできるヨガや
ストレッチだけでも行ってみましょう。

 

4.抗ヒスタミン効果のある食べ物

ヒスタミン対策には
抗ヒスタミン効果のある
食べ物をたべることも
大切です。

レモンやオレンジなどの
柑橘系のフルーツ  

小松菜、キャベツ、ブロッコリーなどの
アブラナ科の野菜

ポリフェノールを含む
ウーロン茶や緑茶が

おすすめです。

 

4.頭皮マッサージ

自律神経を整えるには、
頭皮マッサージも効果的な施術の一つです。

頭皮の凝り固まった筋肉をほぐし、

自律神経の中枢に働きかけることで、


交感神経優位に傾いた状態を
ゆるめてくれます。

 

また、
耳周囲を温めて血行を促したり、
耳を上下左右に回したりと
マッサージしてあげることも効果的です。

 

 

TigerSpa塩浴ヘッドマッサージは、
沖縄県うるま市で生まれた
「命の塩(ぬちまーす)」と言われる

ギネス認定された海水100%の

ミネラルたっぷりの美容塩(シルクソルト)
を使用し、

肌・地肌の細胞にミネラルを届けることによって、

自律神経の働きを整えていきます。

セルフケアとして

自律神経を整える生活を意識したり、
マッサージををして、
悪天候に負けない体づくりをしましょう。

雨の日の不調でお悩みのかたは、


是非TigerSpaのヘッドマッサージを
お試しになってみて下さいね。

関連記事

  1. 暑い

    急な暑さには自律神経を整える対策を!自律神経を整えるマッサー…

  2. 食べ過ぎたら頭皮マッサージがいい!?食べすぎた後にしておきた…

  3. おでこのシワ

    おでこのシワが気になる40代。その原因と頭皮ケアでできるシワ…

  4. 頭皮

    冬の頭皮はにおいに注意!頭皮がにおう原因と対策

  5. 便秘

    便秘にはヘッドスパ!?自律神経と便秘の関係

  6. 夏

    汗で頭が痒い!汗をかいた後の頭皮ケアにシャンプーはNG?

LINE@はじめました!

お友達追加で、全メニュー10%OFF!

 

LINE@だけのお得なクーポンや
キャンペーンを配信中です。

友だち追加

ご予約

 

▼ご予約はこちら▼

 

▼24時間ネット予約はこちら▼

 

▼ホットペッパービューティー予約はこちら▼

tigerspahotpepperbeauty

Instagram

取材一覧

仕事を楽しむためのWEBマガジン
『B-Plus』経営者インタビュー
 
当サロンオーナーが紹介されました!
(インタビュアー:八木裕さん)
 
>>>取材記事詳細はこちら
 

TigerSpaインタビュー
TigerSpaインタビュー